All posts by 土とみどり守る会

開かれた庭

 ここで言う開かれた庭とは、通りから見える緑を増やすための、さまざまな工夫のことです。必ずしも大木、高木にこだわる必要はありません。 奥沢あたりは公園が少ないのに「緑が豊かだ」と言われます。それは、古い家、そして集合住宅の多くが、通りから見える緑を配しているからです。  このガイドで紹介している実例は、全て奥沢地区にあるものです。家を建てるとき、あるいは改装する時に、このような工夫をすることで、緑豊かな街並みを次の世代に引き継ぎたいものです。…

季節感のある街

玄関前のちょっとした空間が、和風、洋風、自然風など、住まい手の個性が感じられる風景を生み出しています。いわゆる旗竿状敷地の通路部分などでも、ちょっとした植栽やワンポイントとなる花を植えることで、風情のある露地空間を生み出すことができます。花や実のなる植物は、季節の変化の感じられる風景を生み出します。  敷地に余裕が無いと、高木での緑化はできないので、つる性植物による広がる緑化、道路脇のちょっとした隙間の土を活かした植栽など、あまり広い土地が無くてもできる緑化を推奨します。 …